「Mac OS X 10.0」が誕生してから13年

NewImage

2014年3月24日、AppleがMac OS X 10.0 Cheetahを公開してから13年が経過しました(Apple’s Mac OS X to Ship on March 24TUAWCult Of Mac)。

13年前のPress Infoでは、Mac OS Xの特徴として以下のものが挙げられています。

  • オープンソース、UNIXベースののDarwinと呼ばれる基礎。
  • Quartsグラフィックスエンジン搭載。
  • QuickTime統合。
  • 大部分のMacアプリが動くClassic API。
  • 完全にMac OS Xの特徴を活かしたアプリを動かせるCarbon API。
  • 高速でパワフルなアプリを作る方法を提供するCocoa API。
  • Java 2 API。
  • Aquaユーザーインターフェイス。

さすがにMavericksと比較すると、見た目はかなり変わっていますが、基礎となる部分は共通であることがわかります。次期OS X 10.10の開発は行われるのでしょうが、そろそろ次の完全なるバージョンアップ版「Mac OS 11(?)」がでてきても不思議はないような気も。

Appleが将来のMac OSに関して、どのようなプランを描いているのか興味深いところですね。

スポンサーリンク