OS X 10.10.3で、ひっそりとMacの4Kディスプレイサポートが改善され、Mac Pro/iMacでは5Kも追加

NewImage

先日リリースされたOS X Yosemiteの最新リリース「OS X Yosemite 10.10.3」では、新型12インチMacBookを含む複数のモデルで4Kディスプレイサポートが拡張され、さらにMac ProやiMacでは、DELLの5Kディスプレイのサポートも追加されていることが明らかになりました(公式サポート情報9to5Mac)。

以前は、4KディスプレイではMST (Multi-Stream Transport)/60Hz形式の出力だけしかサポートされていなかったのに対し、10.10.3ではSST (Single-Stream Transport)/60Hzの4K(3840×2160)ディスプレイ が公式にサポートされたことになります。これはDisplayPortのMST接続機能を搭載していない比較的安価な4Kディスプレイで、60Hzモードが使用可能になったことを意味しています。

今回SST/60Hz/4K(3840x2160)出力が可能になったMacは以下のモデルです。

  • MacBook Pro (Retina, Late 2013 and later)
  • Mac Pro (Late 2013)
  • iMac (27-inch, Late 2013 and later)
  • Mac mini (Late 2014)
  • MacBook Air (Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)

「Mac Pro (Late 2013)」や、「iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014)」ではSST/60Hz/4K(4096x2160)ディスプレイのサポートや、DELLの5KディスプレイUP2715Kのフル解像度出力が可能になったことも明らかになりました。

同サポート情報では、ディスプレイごとの設定方法や、Mac側の設定方法に関しても解説されています。4Kディスプレイを所有している方は参考までにどうぞ。

スポンサーリンク