OS X 10.12にはSiriが搭載?はやくもスクリーンショットがリークする

NewImage

Appleが2016年にリリースするOS X 10.12には、現在iOSで利用できるボイスアシスタント機能「Siri」が搭載されるのではないかと噂されています。

このような中、テックサイトMacRumorsは、Mac版SiriのDockアイコンとメニューバーアイコンのスクリーンショットいち早く入手して公開しました。情報の入手元は過去Appleのソフトウェア計画に関する信頼できる情報を提供してきた人物とのこと。

NewImage

スクリーンショットによるとSiriのメニューバーアイコンはシンプルなモノクロのデザインで、アルファベットのロゴが入った分かりやすいものであることが分かります。対するDockアイコンは波形をイメージしたよりカラフルなものになっています。

アイコンをクリックするとSiriのメイン画面が立ち上がり、音声で問い合わせができるようになります。アイコンクリック以外にも「Hey Siri」機能によって、音声を使って起動することもできるようで、同機能はデフォルトで無効化されていますが、設定から有効にすることができます。

SiriのMac統合はまだ開発の初期段階ですが、おそらくiOSデバイスと同様のタスクをこなせるぐらいの能力は持ち合わせていると見られています。具体的にはアプリの起動やWebの検索、メッセージの送信、メールの読み上げ、カレンダーイベントの設定などが実行できます。

Siriのデザインは今後変更される可能性も残されており、特にメニューバーアイコンはプレースホルダである可能性も高い模様。Siriを搭載したOS X 10.12はiOS 10等とともに6月13日から17日に開催されて開催されるWWDC 2016でお披露目される可能性が高そうです。

スポンサーリンク