Apple、OS X 10.12にiPhoneのTouch IDを使ったアンロック機能を導入か?

Touchid

iPhoneのTouch IDはパスコードを(ほとんどの場合)入力することなくデバイスをアンロックすることができる便利で安全な認証機能として知られています。iPhoneとMacを両方所有しているユーザーならば、Touch IDを使ってMacのロックも解除したいと思うのは不思議なことではないかもしれません。

このような中MacRumorsは、情報源は不明ながら、Appleが次期OS X 10.12でTouch IDを使ったMacのアンロック機構を導入する計画があるようだと報じ、注目を集めています。

MacRumorsによるとAppleのエンジニアは、iPhoneが近づくことで自動的にパスワードで保護されたMacのロックを解除するシステムを開発中とのこと。

この機能はBluetooth LEフレームワークを利用し、Apple Watchで導入されいてる自動アンロック機能と似たものになると予想されています。この場合iPhoneのTouch IDがより簡易なログイン検証方法として使われることになります。

さらに現在Knock appが実現しているように、Bluetoothで接続されたApple Watchを使ってMacをアンロックするといった利用方法も予想されています。

OS X 10.12で導入される新機能はまだ決定されておらず、アンロック機能OS X 10.12に対するアップデートで後から追加される可能性もあるとのこと。

OS X El Capitanでは内部的な構造の改良による安定性やパフォーマンスの改良に主眼が置かれていたため、Mac版Siriの導入とともにTouch IDを利用したアンロック機能が目玉機能になるのではないかとも予想されています。

スポンサーリンク