「OS X 10.9(コードネームCabernet)」で、ついにFinderにテコ入れくるか?

NewImage
コードネームCabernet(優れた赤ワインのボルドー・タイプ。という意味らしい)と呼ばれるOS X 10.9で、パワーユーザーにフォーカスした機能強化が行われるのでは無いかと話題になっています(9to5MacMacお宝鑑定団Blog)。

Finderの機能強化(タブ化?)や、マルチスクリーン環境におけるフルスクリーン機能の改善などが含まれているという噂ですが、本当なら大歓迎したいですね。新奇なUIの追加より、堅実なカイゼンをパワーユーザーは待っていると思いますので。

個人的には、Finderのタブ化より、「切り取り」機能の追加と、「貼り付け」時に上書き可能にする機能の追加がほしいです(この点に関しては、WindowsのExplorerがまさっていると思っている人もおおいでしょう)。

スポンサーリンク