Apple、開発者向けに「OS X 10.10.3 build 14D98」をリリース - Fource Touch APIが追加される

Yosemite 2

Appleは本日、開発者向けに、OS X Yosemite 10.10.3の3番目のベータ「OS X 10.10.3 build 14D98」をリリースしました(MacRumors9to5Mac)。Mac Developer Programに登録している開発者は、Mac App Storeのソフトウェアアップデート経由か、Mac Developer Centerから直接ダウンロードすることが可能です。Appleはまた同時に、OS X Server 4.1を開発者向けに公開しています。

OS X 10.10.3 beta 3の主な新機能の一つは「Force Touch API」の追加です。先日発売された13インチMacBook Pro Retina 2015や、12インチRetina MacBookに搭載される予定の「Force Touchトラックパッド」を制御するためのAPIで、開発者は新しいハードの機能を活用したアプリケーション開発が可能となります。

NewImage

また、「Look Up」が機能が拡張され、辞書だけではなく、Spotlightのように、より多くのデータソースからデータを取得するための機能が追加されつつあるそうです(現段階ではまだ不具合が残っているようですが)。

その他、OS X 10.10.3ではPhotosアプリの追加や、絵文字ピッカーの改良も行われていて、正式リリースが待ち望まれています。

スポンサーリンク