【Tips】「OS X Beta Seed Program」のやめ方

NewImage

先日、有料のMac Developer Programに参加しなくてもOS X Mavericksのベータ版をインストールすることができる「OS X Beta Seed Program」が始まりました。

始めるのは簡単で「Mavericks Beta Access Utility」をインストールするだけで良いのですが、自分のMacにベータ版OSをインストールのはやっぱりちょっと……と後悔してしまった人もいるかもしれません。

ということで、OS X Beta Seed Programを始めたものの、やっぱりやめたいという方のために、ソフトウェアアップデートにベータ版OSの更新を表示させない方法を説明したいと思います。

Mac App Storeの設定で変更可能

実は公式サイトの「FAQ > Leave Program」に詳しくかかれています。

Disable

公式サイトの説明によると、「システム環境設定 > App Store」と進み、「お使いのコンピュータは、プレリリースのソフトウェア・アップデート・シードを受信するように設定されています」で、「変更」をクリック。「プレリリースアップデートを表示しない」で完了です。

これだけでソフトウェア・アップデートには表示されなくなりますが、OS X Beta Seed Programそのものから脱退したい場合、Leave Programにログインして手続きする必要があります。

ちなみに、一度ベータ版OS Xをインストールしてしまうと、Mavericks正式版をインストールしなおすか、Time Machineバックアップから戻すしか正式版に戻す方法がないようですのでご注意を。この方法は、あくまでソフトウェア・アップデートに表示させない方法です。

スポンサーリンク