「OS X El Capitan beta 6」に「4K 21.5インチ Retina iMac」のヒントがさらに見つかる

IMac

本日開発者向けにリリースされた「OS X El Capitan beta 6」のシステムコードの中に、発売が噂される「4K 21.5インチ Retina iMac」のヒントが見つかり注目が集まっています(MacRumors9to5Mac)。

6月の情報とも一致

今回の情報は開発者のConsomac氏によって発見されたもの。beta 6の中に3つの新たなファイルを発見し、そのうち2つが新しいiMacモデルの解像度を表していることを見つけ出しています。

NewImage

見つかった情報の一つは「5K 27インチ iMac」のもの。もう一つは「4K 21.5インチ iMac」のものと想定されています。21.5インチiMacの解像度は4096×2304と思われ、これは6月に見つかったヒントとも合致しています。

先日KGI証券のアナリスMing-Chi Kuo氏は、Skylakeプロセッサと高品質ディスプレイが採用された新しいiMacが今四半期に発売されると予想しました。氏は21.5インチiMacがRetinaモデルになるかどうか特に触れていませんでしたが、今回の情報から見るに、やはりRetina化される可能性が高いのかもしれません。

スポンサーリンク