OS X El Capitanで導入された新機能「メニューバーを自動的に隠す」が便利かも

OS X El Capitan

OS X El Capitanでは、全画面対応のSplit Viewや、Spotlight検索の強化のように派手な宣伝が行われている新機能のほかにも、便利そうないくつかの機能が追加されています。そのなかで今回紹介するのは「メニューバーを自動的に隠す」機能です。

S 2015 10 03 10 38 25

「設定 > 一般」と進み「メニューバーを自動的に隠す」をチェックすると、画面上部のメニューバーを自動的に隠す機能が使えるようになります。

オンにすると通常はメニューバーが非表示となり、マウスを画面上側にもっていくと自動的に表示されるようになります。イメージとしてはDockの「自動的に隠す」機能のメニューバー版です。

メニューバーがピョコピョコ表示されてうっとうしい場合もありますが、画面の面積の狭いノート型Macを使っている場合など、少しでも表示エリアを広げたい場合は便利かもしれません。

スポンサーリンク