【速報】次期「OS X 」の名前は「OS X El Capitan」に!

0c0d62ce1f06d92ae80743d30bf14d7d3ad70d48 xlarge

Appleは本日、WWDC 2015の基調講演にて、「OS X」の新バージョン「OS X El Capitan」の発表を行いました。開発者向けベータは本日、一般向けベータは7月、正式版は秋に無料で公開されます。

OS X El Capitanでは、Spotlightの機能がさらに強化されたほか、メールアプリにスワイプでメールを削除できる機能が追加されたり、Safariのタブをピン止めすることが出来る機能が追加されたり、細かな改善が行われています。

ウィンドウ管理の改善

NewImage

OS全体に関わる部分では、スペースバーを使って複数のデスクトプを簡単に作ることが可能になり、またアプリケーションを簡単にサイド・バイ・サイドで表示することができるようになるなど、ウィンドウの管理を効率化する機能が追加されています。

パフォーマンスの改良

NewImage

また予想通り、パフォーマンスの改善も行われていて、アプリの起動が1.4倍、アプリの切り替えが2倍、メールを表示するまでの時間が2倍、PDFをプレビューする時間が4倍(それぞれ最大)高速化されています。

その他iOSで導入されたMetalがOS Xにも取り入れられ、主にゲームに関するパフォーマンスが改善することが期待されています。

スポンサーリンク