史上最悪のgotoバグを修正した「OS X Mavericks 10.9.2」キタ━(゚∀゚)━!」

App Store

本日、Appleより、OS X Mavericksの最新バージョン「OS X 10.9.2」がリリースされました。更新はソフトウェア・アップデートより可能です。

OS X Mavericks App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

バージョン10.9.2には、「Macの安定性、互換性、およびセキュリティの向上」が含まれており、アップデートの内容は以下のとおり。

• FaceTime オーディオ通話を発着信する機能
• FaceTime オーディオ/ビデオ通話で割込通話をサポート
• 着信する iMessages を送信者ごとにブロックする機能
• Mavericks インストール効率が向上
• “メール”の全般的な安定性および信頼性が向上
• “メール”の未開封件数の精度が向上
• “メール”が一部のプロバイダから新規メッセージを受信できない問題を修正
• Safari の自動入力の互換性を向上
• 一部の Mac 機種でオーディオが歪む問題を修正
• SMB2 でファイルサーバに接続するときの信頼性が向上
• VPN 接続が解除される問題を修正
• “メール”と Finder の VoiceOver 操作性が向上

SSL脆弱性はどうなった

goto文の間違いで発生した史上最悪のSSL脆弱性」に関する言及は特にありませんが、直接ダウンロードページには「Provides a fix for SSL connection verification」とあり、SSLの脆弱性も合わせて修正されているようです。

脆弱性が修正されたかどうかはgotofail.comをSafariで表示してみると判定できます。。

Before 10

アップデート前は赤色で表示されていましたが…。

Safe

アップデート完了後は緑に。「Safe」頂きました。

「OS X Mountain Lion」、「OS X Lion」向けにも、「Security Update 2014-001」がリリースされています。該当ユーザーは早めのアップデートをおすすめします。

スポンサーリンク