Apple、Wi-Fi問題を修正した「OS X Yosemite 10.10.1」をリリース

Yosemite 2

Appleは本日、OS X Yosemiteの最新バージョン「OS X Yosemite 10.10.1」をリリースしました(9to5Mac)。

10.10.1アップデートはすべてのYosemiteユーザーに推奨されるもので、Macの互換性および安定性が改善されます。アップデートの内容は以下の通りです。

  • Wi-Fi の信頼性が向上します
  • Microsoft Exchange Server に接続する際の信頼性が向上します
  • 特定のメール・サービス・プロバイダを使用して“メール”メッセージを送信する際の信頼性が向上します
  • “どこでも My Mac”を使用してリモートコンピュータに接続する際の信頼性が向上します

Mac miniのスリープ問題も解決

About the OS X Yosemite v10.10.1 Updateにはもう少し詳しい更新内容が記述されていました。上記に追加して以下の内容も修正されているようです。

  • 特定メールサービスプロバイダ介して送信されたメッセージで発生する、Mailの問題の修正。
  • 通知センターウィジェットとアクションで共有サービスが利用できない問題の修正。
  • 通知センターの設定がリスタート後保存されない問題の修正。
  • Mac App Storeで特定の更新を表示できない問題の修正。
  • Mac miniがスリープから復帰できない問題の修正。
  • Time Machineで古いバックアップが表示できない問題の修正。
  • 日本語テキストを入力に関する問題の修正。

(個人的には特に問題を感じていませんでしたが)Mac miniのスリープ問題と日本語入力の問題が解決しているのは朗報かも。Mac miniユーザーにとって必須アップデートとなりそうですね。

スポンサーリンク