OS X Yosemite 10.10.2は間もなくリリース - Wi-Fi接続や、Thunderboltの脆弱性を修正か?

Yosemite

OS X Yosemite 10.10.2が間もなく一般公開される運びとなるかもしれません。Appleは週末、従業員向けに「OS X Yosemite 10.10.2 build 14C109」を公開していたことが判明しました(9to5Mac)。

このビルドは開発者向けに公開された14C106aよりもビルド番号が大きく、9to5Macは情報源よりリリースノートを入手していることから、新機能や修正点の詳細も明らかになっています。

iCloud DriveがTime Machineに対応

従業員向け最新ビルドでは、iCloud Driveの内容がTime Machineでブラウズ可能になる新機能の追加や、Wi-Fi接続問題の修正、Spotlightのメールアプリに関する脆弱性の修正、VoiceOverに関する問題の修正、Safariの安定性の改善、Bluetoothの接続性の修正などが行われている様子。

リリースノートの原文は以下の通りです。

  • Resolves an issue that may cause WiFi to disconnect
  • Resolves an issue that may cause web pages to load slowly
  • Fixes an issue that caused Spotlight to load remote email content when the preference was disabled in Mail
  • Improves audio and video sync when using Bluetooth headphones
  • Adds the ability to browse iCloud Drive in Time Machine
  • Improves VoiceOver speech performance
  • Resolves an issue that causes VoiceOver to echo characters when entering text on a web page
  • Addresses an issue that may cause the input method to switch languages unexpectedly
  • Improves stability and security in Safari

また、10.10.2では「Thunderstrike」と呼ばれるThunderboltハードウェアの脆弱性に対する修正や、GoogleのProject Zeroで明らかになった脆弱性も修正されるとも見られており、公開が待たれています(MacRumors)。

スポンサーリンク