【Tips】「OS X Yosemite Beta」のインストールUSBメディアを作成する方法

IMG 1803

待望の一般向けBetaプログラムが始まった「OS X Yosemite Beta」のインストールUSBメディアを作成する方法を説明します。

OS X Yosemite Betaは既存Mavericks環境に上書きインストールするのが通常のインストール方法ですが、インストール用のUSBメディアを作ってクリーンインストールすることもできます。この方法だと例えばメインのMacで起動メディアを作成して、サブのMacや仮想環境でインストールすることができるので結構便利です。

それではいってみましょう。

2014/10/17日追記

Yosemiteが正式にリリースされたので、アップデート版を作成しました。Yosemite正式版のインストールUSBメディアを作成される方は以下のリンクをどうぞ。

事前に準備するもの

USBメモリが必要です。種類はどんなものでも良いですが8GB以上のものを準備してください。

ちなみに私が使っているのは東芝のUSBメモリ。安いので十分です。

Yosemite Betaのダウンロード

Betaプログラムに申し込んで、Yosemite Betaをダウンロードします。ダウンロード後インストーラーが起動したらキャンセルしてください。

App 1

アプリケーションフォルダの下に「Install OS X Yosemite Beta.app」がダウンロードできればOK。

USBメモリのフォーマット

Usb 1

USBメモリをMacに差し込んで「ディスクユーティリティ」を起動し、分かりやすい名前、例えば「YosemiteBeta」をつけてから、消去を実行します。

インストールUSBメディアの作成

createinstallmediaコマンドを使って、インストールUSBメディアを作成します。ターミナルを起動し以下のコマンドを実行してください。

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite\ Beta.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/YosemiteBeta --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite\ Beta.app --nointeraction

「YosemiteBeta」はディスクユーティリティで指定したパーティションの名前です。違う名前をつけた場合は置き換えてください。結構時間がかかります。Mac mini 2012で30分ぐらいかかりました。

Terminal

「Done.」と表示されたら完了です。お疲れ様でした!!

おまけ: インストールUSBメディアの使用方法

作成したインストールUSBメディアを、YosemiteをインストールしたいMacに差し込んで、Optionキーを押しながら起動し、「Install OS X Yosemite Beta」を選択するとインストールすることができます。

IMG 2104

ベータ版なので、メインMacにインストールするのは避けたほうが無難だと思います。サブMacでさえ戻したくなってしまうかもしれません。TimeMachineでバックアップをとってからインストールすることをおすすめします。

スポンサーリンク