Apple、「OS X Yosemite Developer Preview 2」をリリース

Yosemite

本日、Appleは開発者向けに「OS X Yosemite」の2番めのベータ「OS X Yosemite Developer Preview 2」(ビルド番号14A261i)をリリースしました(9to5Mac)。最新版はMac App Storeまたは、Mac Dev Centerでプロモコードを発行してダウンロードできます。

Dveloper Preview 2の変更点は、バグフィックと改良がメインで、上記9To5Macによくまとまっています。PhotoBoothアプリの復活、Time Machineインターフェイスのリデザイン、Handoffがうまく動くようになったなどなど、気になる方は確認してみてください。

そして、このアップデートでもひとつ気になる更新がありました。

ダークモードが可能に

NewImage

MacRumorsによると、DP2で、メニューバーなどが暗めの色で表示されるダークモードが設定可能になったとのこと。ただし設定用のUIなどはなく、ターミナルからコマンド入力する必要があるようです(@hamzasoodさんが発見したらしい)。

ターミナルを開いて、以下のコマンドを入力し再起動します。

sudo defaults write /Library/Preferences/.GlobalPreferences AppleInterfaceTheme Dark

↑これでダークモードに。

sudo defaults write /Library/Preferences/.GlobalPreferences AppleInterfaceTheme Light

↑これで戻ります。

まだダークモードが反映されない箇所もあるようで、いかにもプレビュー版といった趣ですが、ダーク好きには待望の機能ですね。

スポンサーリンク