Mountain LionにしたらPCKeyboardHackが動かなくなったけどパッチがあった

致命的な不具合はなさそうなので、MacBook Late 2008 以外のMacもMountain Lionに移行しました。「PleaseSleep」というアプリが動かない以外は問題なさそうでしたが、Mac miniで使っている「PCKeyboardHack」というユーティリティが動かなくなっているのを発見。

IMEのON/OFFのキーが使えなくなって困っていましたが、「Issue #8: Doesn't work in Mountain Lion? · tekezo/PCKeyboardHack」にあるパッチを適用すればうまく動くようになりました。PCKeyboardHack-7.4.0がインストールされている事が条件で、 /Library/org.pqrs/PCKeyboardHack/scripts/kext.sh をエディタで開き、次の"12)"のところを追加します。

#!/bin/sh
PATH=/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/sbin; export PATH

basedir="/Library/org.pqrs/PCKeyboardHack"
kextfile=''
uname=`uname -r`
case "${uname%%.*}" in
    10)
        kextfile="$basedir/PCKeyboardHack.10.6.kext"
        ;;
    11)
        kextfile="$basedir/PCKeyboardHack.10.7.kext"
        ;;
    12)
        kextfile="$basedir/PCKeyboardHack.10.7.kext" # Hack to use 10.7 kext in 10.8
        ;;
esac

if [ "x$kextfile" == 'x' ]; then
    exit 1
fi

if [ "$1" == 'unload' ]; then
    kextunload -b org.pqrs.driver.PCKeyboardHack
else
    kextload "$kextfile"
fi

exit 0

追加するのは以下の部分です。

    12)
        kextfile="$basedir/PCKeyboardHack.10.7.kext" # Hack to use 10.7 kext in 10.8
        ;;

あとは再起動すればOK。

スポンサーリンク

2 件のコメント