人気RSSリーダーアプリ「Reeder 3 for Mac Public Beta」がリリース

NewImage

人気RSSリーダーアプリ「Reeder」の次期バージョンのパブリックベータ版「Reeder 3 for Mac Public Beta」がリリースされました(9to5Mac)。現在公式サイトより、Reeder 3.0b1のアーカイブファイルをダウンロードし、無料で試用することが出来ます。

Reeder 2 App
カテゴリ: ニュース
価格: ¥1,200
Mac用の超定番RSSリーダー。

Reeder 3の要件はMac OS X 10.10 (Yosemite)以降に変更されました。現バージョンである「Reeder 2 for Mac」のユーザーは無料でアップグレードすることができます。

Version 3.0b1の新機能

公式サイトによるとVersion 3.0b1の新機能は以下の通り。

  • より多くのテーマ
  • 更新されたUI
  • スマートフォルダに対する未読/スター数の表示
  • 未読/スターアイテムが存在しない場合、未読/スタービューでスマートフォルダーを非表示に
  • プライベートブラウジングのサポート
  • 記事ビューアーまたはブラウザでリンクにホバーしている際、ステータスバーにURLを表示
  • 記事ビューアーの新たなディスプレイ設定
  • ミニマイズレイアウトモードでもフルスクリーンが動作するように

その他、サポートするフィードサービスの追加や機能の拡張、不具合の修正なども行われています。またOS X El Capitanでは、導入された新たな分割画面モードもサポートしているようです。

S 2015 07 31 0 22 51

↑3.0b1の画面です。新たな機能をいち早く試してみたい方はどうぞ。

スポンサーリンク