「Reeder」開発計画発表&「Reeder for iPhone」無料化キタ━(゚∀゚)━!

NewImageNewImage

iOS/Mac用のRSSリーダーアプリとして人気の高い「Reeder」の開発者が、今後の開発計画を発表しました(The Future of Reeder)。

この発表では「7月1日以降も開発は続ける」と力強く断言されています。Googleリーダー終了と同時にReederも終了することはないようなのでまずは安心。

しかし、残念ながら、Googleリーダーが終了する7月1日までにiPad/Mac用アプリのメジャーアップデートは間に合わず、Feedbinに対応済みのiPhone版Reederは無料化され継続利用可能になる流れのようです。

Reeder App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料
Reeder for iPad App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

Reeder App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

iPhone版は継続

iPhone版は現在、Feedbin、Feedly、Feed Wrangler、Fever、スタンドアロン/ローカル RSSに対応した v3.2を申請中(公開済みのv3.1でもFeedbinとスタンドアロンRSSには対応)で、7月1日以降も継続利用可能。そして今日から無料化されます。

iPad/Mac版は一旦削除

iPad/Mac版は7月1日に間に合わないので、App Storeから削除するとのこと。新しいバージョンを作成する計画はあるそうですが、残念ですね…。個人ベースで開発しているアプリみたいなので、一方的に期限を切られて対応を迫られてもどうしようもないところがあるのかも。

とりあえず今後に期待です。

スポンサーリンク