「OS X 10.10 Yosemite」に「Retina iMac」のヒントが?

NewImage

現在、ベータ版が公開されている「OS X 10.10 Yosemite」から「Retina iMac」のヒントが見つかったという気になる情報が入ってきました(MacBidouilleの翻訳MacRumorsApple Insider)。

この情報を公開しているのは、フランスのサイト Macbidouille。OS X Yosemiteに含まれている、モデルごとのディスプレイ解像度の情報を含んだファイルの中に、今後リリースされる(かもしれない)iMacの解像度が含まれていたということです。このファイルから得られた解像度一覧は以下の通り。

  • 6400x3600 (たぶん3200x1800 HiDPI).
  • 5760x3240 (たぶん2880x1620 HiDPI)
  • 4096x2304 (たぶん2048x1152 HiDPI)

根拠の一つなので、本当にRetina iMacが発売されるのか、真偽ははっきりしませんが、Retina iMacの噂が以前からあるのは確かです。Retina MacBook Proの実績も積み上げられてきているので、そろそろiMacもRetina化されても不思議はないかもしれません。

スポンサーリンク