Revisions - Dropboxの変更履歴を確認できるMacアプリ

NewImage

クラウドストレージサービスとして不動の人気を誇る「Dropbox」。Microsoft / Apple / Googleなど超大手IT企業からも競合サービスが誕生しましたが、安定性や対応アプリの多さから、今でもメインで使っている方は多いと思います。

今回紹介するMacアプリ「Revisions」は、そのDropboxのファイルの変更履歴を分かりやすく表示してくれるMacアプリです。

標準のDropboxクライアントでは、「最近変更したファイル」の一覧がシンプルに表示されるだけなのに対し、Revisionsではかなり詳細に変更履歴を確認することができます。

詳細なタイムラインとDiff表示

Revisionsを起動し、Dropboxと連携させると、変更履歴の読み取りが始まります。作業完了後にメニューバーアイコンをクリックすると、以下の画面が表示されます。

S 2015 05 11 12 08 58

いつ、どのファイルが、作成/変更/削除されたのか分かりやすく表示されています。ファイル名の右側にあるアイコンを操作することで、そのファイルを直接確認したり、ダウンロードしたり、元に戻したり、以前のバージョンと比較したりすることができます。

S 2015 05 11 12 10 04

たとえば、test.txtというファイルの変更履歴を確認すると、「とてもすばらしい」という行が後から追加されたことが分かりました。

差分は、Macにインストールされている差分表示ツール(例えばKaleidoscopeなど)を使って表示されます。設定で自分の好みのツールに変更可能です。

Premium版もあり

9.99ドル払うとPremium版にアップグレード可能で、ファイルを変更したユーザーの表示機能や、ファイルやフォルダのフィルタ機能を使うことができるようになります。とはいえ、基本フリー版でも十分だと思います。とりあえず興味を持った方は無料で始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク