Apple、「Safari 8.0.6」を公開 - セキュリティを修正

Safari

Appleは本日、Mac OS X Yosemite用Safariの最新版「Safari 8.0.6」をリリースしました(9to5MacMacRumors)。あわせて、Mavericks用の「Safari 7.1.6」、Mountain Lion用の「Safari 6.2.6」もリリースされています。

今回のアップデートは脆弱性を修正するためのもので、「About the security content of Safari 8.0.6, Safari 7.1.6, and Safari 6.2.6
」で説明されているように、WebKit関連の不具合が修正されています。

WebKit
Available for: OS X Mountain Lion v10.8.5, OS X Mavericks v10.9.5, and OS X Yosemite v10.10.3
Impact: Visiting a maliciously crafted website may lead to an unexpected application termination or arbitrary code execution
Description: Multiple memory corruption issues existed in WebKit. These issues were addressed through improved memory handling.

Safari 8.0.6 アップデートはすべてのOS X Yosemiteユーザーに推奨されるものですので、お早めに更新することをおすすめします。

スポンサーリンク