OS Xの機能を完全解放するための隠し設定の集積サイト「Secrets」

Secrets minishadow

Mac OS Xを使っていてFinderやOSのちょっとした機能を変更するために「defaults write ...」から始まるコマンドをターミナルで打ち込んだ経験のある方は多いと思います。

Secrets」はそのような役に立つOS Xの隠し設定を集めてあるデータベースサイトです。ブラウザから既に登録されれてある設定を確認できるだけではなく、ログインして自分の設定を追加したり、専用アプリを使ってお手軽に設定を変更することまでできます。

隠し機能好きな方は要チェックなサイトではないでしょうか。

ブラウザで確認

設定はカテゴリごとに分類されています。例えばスクリーンキャプチャに関する設定「Grab」を表示すると5つのレシピが表示されます。

Grab

この中で、スクリーンショットのファイル名を変更する設定「Screenshot file name」を見てみると、「defaults write com.apple.screencapture name -string」とターミナルから打ち込めば良いことが分かります。最後の"-string"は実際の文字列"screenshot"などに置き換えます。

専用アプリから設定

2014 11 26 16 10 38

専用アプリSecrets_1.0.6.zipをダウンロードして利用することもできます。こちらのほうが専用アプリで分かりやすいかもしれません(ただし最終更新2009年でした)。

乱用すると危険だけど必要な設定もある…はず

OS Xのデフォルト設定を無闇に設定すると、システムの不安定化につながる可能性があります。

とはいえ、例えばFinderにLibraryフォルダを表示したり、標準のスクリーンキャプチャ機能の設定を変更したい場合「defaults write ...」する以外の方法はないので、必要最小限の変更を行うために使用するのをおすすめします。

スポンサーリンク