激安SSD「SK hynix SSD SL300」の500GBモデルが到着。Mac mini 2011に換装してみた

DSC00322

先日購入した「SK hynix SSD SL300」の500GBモデルが到着。

早速Mac mini 2011のSSDとして使用してみました。

ユーザーレビューの数が少なく、価格も割引を使うと13,180円と安すぎなので結構不安だったのですが、とりあえず今のところは問題なく動いているようです。

以下参考までに。

外観など

DSC00318

箱は必要最小限といった感じで小さいです。

DSC00320

中身は説明書とSSDのみ。ネジやマウンタのたぐいは一切付属していません。

IMG 2713

SK hynixのロゴ。

IMG 2714

コネクタ部分。SATA接続のSSDです。

Mac mini 2011換装時の注意点

今回も外付けケースにSSDを入れて接続し、Carbon Copy Clonerでクローン。その後入れ替えるという標準手順(?)で換装しました。

IMG 2719

入れ替え作業自体は何回も説明したことなので今回は省略します。もし確認したい方は以前のエントリーをどうぞ。

SSDを使い出して何が怖いって、もはやHDDのスピードに耐えられなくなってしまうことです。Mac miniも何不自由なく使えていたのですが、SSD搭載機と比べるとやっぱり遅い…。耐

ただし思わぬところに落とし穴がありました。

IMG 2720

それはSK hynix SSD SL300の厚みが7mmとかなり薄く(入れ替えがやりやすくなったのは良いのですが)、薄すぎて手前が下がってしまい、ネジが固定できなくなってしまったことです。

とはいえ、クリップで手前を引き上げながらドライバーで締めたらうまくいきました。

ベンチマークなど

スクリーンショット 2016 02 20 13 32 28

↑換装前 Crucial m4 SSD 256GB。

スクリーンショット 2016 02 21 11 55 18

↑換装後 SK hynix SSD SL300 500GB。書き込みが高速化されています。

まとめ

SK hynix SSD SL300の500GBは容量あたりの単価でいうとかなりお買い得なモデルだと思います。耐久性は不明ですがMac mini 2011に換装しても問題なく使えました。

スポンサーリンク