TextBar - 可能性は無限大?UNIXコマンドの出力結果をメニューバーで確認できるMacアプリ

S 2015 04 27 1 14 08

Macの大きな魅力の一つは、美しいGUIとともに、ターミナルからUNIXコマンドを思う存分使えることかもしれません。

本日紹介するMacアプリ「TextBar」は、その特徴をさらに強化することができるMacアプリです。TextBarを使えば、任意のUNIXコマンドやスクリプトの出力をメニューバーに一覧表示して、テキストとしてコピーすることができる上、さらに任意の間隔で更新したり、通知を受け取ったりすることもできます。

無限の可能性

S 2015 04 27 1 30 15

設定画面を開き、例えば「echo 'Hello'」という行を追加して有効化すると、メニューバーの右側に「Hello」と表示されます。このように自分の好きなコマンドの出力結果を、任意のリフレッシュ間隔で、さらに通知機能つきで確認することができるのです。

GitHubのリポジトリTextBar-Recipesには、さまざまなレシピが集積されています。ローカルIPアドレス、グローバルIPアドレス、ディスクの使用量など、今まで個別アプリに頼るしかなかった情報の表示をUNIXコマンドの組合せで実現できるのは、UNIXに慣れ親しんだ人にとってはたまらない機能だと思います。

S 2015 04 27 1 35 23

TextBarは有料アプリで、価格は2.99ドル。7日間試用できます(フルバージョンとトライアルバージョンの違いは不明)。購入にはPayPalを使えます。

スポンサーリンク