簡単にぼかしやモザイクが実現できるMac用画像編集ソフト「ToyViewer」

Mac用の神スクリーンショットアプリSkitchの最大の不満点は、ぼかし・モザイクなどの機能がないことだと思います。Pixelmatorを使えばもちろん可能なんですが、単にモザイクかけたいだけなのに、なんかまどろっこしい…。と思っていら「ToyViewer」というソフトを使って、簡単にぼかしたり、モザイクをかけてり出来ることがわかりました。Mac App Storeから無料でダウンロードできます。

名前からしてToy + Viewerなので、実用的なソフトではないのかな?と誤解していましたが、ビューアーにとどまらず画像編集系の機能が充実しています。

■ぼかしてみよう
ToyViewerを起動しファイルを開きます。

マウスでぼかしたい範囲をドラッグし、メニューバーから「特殊効果」→「シャープ化・ぼかし」を実行。よければ保存。とても簡単です。

モザイクの場合は、「特殊効果」→「ノイズ・モザイク」です。

■まとめ
Skitchのたらない機能「ぼかし」を簡単に実現できます。悩みが一つ減りました。

スポンサーリンク