2017年Macの「革新」は期待薄?USB-C iMacやTouch Barキーボードが登場か

Imac

Appleの売上の大半を占めるまでに成長したiPhoneと比較すると、Macの貢献度は低く、AppleはMacへの関心を失っているのではないかと指摘する声もあるようです。

Tim Cook CEOはApple社内の掲示板で「我々のロードマップには素晴らしいデスクトップがある」と不安を打ち消したようですが、それでは2017年、具体的にはどのようなMacが登場することになるのでしょうか。

デスクトップMacに注目が集まるなか、Bloombergは、Appleが2017年にMacの「控えめなアップデート」を計画しているとした新たな情報を伝えています(MacRumors)。アップデートの内容には、USB-CポートやAMD GPUを搭載したiMacや、12インチMacBook、MacBook Proのプロセッサーの改良などが含まれているようです。

Mac fans shouldn't hold their breath for radical new designs in 2017 though. Instead, the company is preparing modest updates: USB-C ports and a new Advanced Micro Devices Inc. graphics processor for the iMac, and minor bumps in processing power for the 12-inch MacBook and MacBook Pro. Cue the outrage.

加えてデスクトップMac向けのTouch Bar、Touch ID搭載のキーボードも計画されているようで、実際にリリースされるかどうかは、Touch Bar搭載のMacBook Proがどれだけユーザーに受け入れられたかによって決まる可能性があるようです。

現在テキサス州で生産されているMac Proは生産コストの面から、アジアでの生産に戻される可能性もあるようですが、アメリカファーストを掲げるトランプ大統領とのからみもあり不明瞭な状況。

Bloombergは「上級管理職からの明確な指示の欠如やMacハードウェアを担当する主要な人物の脱落、および技術的課題」などの面から、Macは以前と比較するとはるかに注目を集めていないと指摘しています。iMacはともかく、Mac Proや、Mac miniのアップデートを待っているユーザーにとっては2017年もモヤモヤする年になるかもしれません。

スポンサーリンク