VMware Fusion 4.1でSnow LeopardとLeopardがインストールできたのはうっかりミス?


先日リリースされた「VMware Fusion 4.1」では通常版のSnow LeopardとLeopardがインストール可能になっていましたが、これはVMware側のミスだったようです(TUAW)。

VMware公式Blogで次のように述べられています。

When the license verification step was added in VMware Fusion 4.1 the server edition check was omitted. We are preparing an update.

Running Mac OS X client in a virtual machine continues to require Lion (purchased from the Mac App Store or a USB thumb drive.) Users should always ensure they remain in compliance with any applicable software license agreements.

「VMware 4.1で追加されたライセンス確認ステップで、サーバーエディションのチェックが抜け落ちていた」とのこと。残念ながら次期バージョンでは従来通りサーバー版のSnow LeopardとLeopardだけがインストール可能ということに戻りそうですね。

Macで動くVMware FusionやParallelsで、クライアント版 Mac OS Xの仮想化を許してもAppleにとってデメリットは少ないと思うので、許可されてもいいんじゃないかなと思うのですが難しいのでしょうか(さすがにVMware Workstationで動かすのは許されないでしょうけど…)。

スポンサーリンク