WebShell - あらゆるWebアプリをOS Xネイティブアプリに変換

S 2015 12 25 14 55 54

あらゆるWebアプリをOS Xネイティブアプリにコーディングなしで変換することができるソフトウェア「WebShell」が公開されています(Hacker News)。

といってもアイデアは簡単で、ひな形プログラムに埋め込まれたWebViewに指定のURLを表示するだけのものです。Webサイトごとの専用ブラウザをイメージすれば分かりやすいかもしれません。

使用方法

WebShellを使用するにはソースコードをダウンロードし、URL呼び出し部分を編集してから、Xcodeでビルドする必要があります。

まずgit cloneでソースコードをダウンロードします

$ git clone https://github.com/djyde/WebShell.git APP_NAME
$ cd APP_NAME && open WebShell.xcodeproj

次にXcodeでWebShell/ViewController.swiftを開き、urlを変更します。

let SETTINGS: [String: Any]  = [

  "url": "http://jsbin.com",

  // ... other options
]

ビルドすれば完了です。

S 2015 12 25 14 54 01

↑試してみました。ビルド方法の詳細はHow to build a WebShell based applicationを参照してください。

まとめ

WebShellでネイティブアプリ化することのメリットとして、ブラウザのタブ表示では不可能だったCommand+Tabによるアプリ切り替えが可能となる事があげられると思います。

またWebShellはSwift 2で作られており、MacネイティブアプリにWebViewを組み込む方法として、開発者の方には参考となるかもしれません。

スポンサーリンク