Macクリエイターの必須ツール「xScope 4」リリース

NewImage

ディスプレイ上に表示されたいろいろなモノを測定することができる超多機能な物差しアプリ「xScope」の最新バージョン 4.0 がリリースされました。現在リリース記念ということで、通常価格の半額である2500円で購入することができます(期間限定で終了日は不明)。

xScope 4 App
カテゴリ: 開発ツール
価格: ¥2,500

物差しだけではない

さきほど物差しアプリと呼びましたが、xScope 4の機能はもちろんそれだけではありません。

NewImage

ガイドによると、以下に挙げたたくさんの機能が実装された超多機能なツールです。

  • Mirror: 指定したMacのウィンドウや、画像、クリップボードの内容をiOSデバイスに表示することができる機能。
  • Text: テキストの検索、判別、フォーマット、変換などを行うことができる機能。
  • Dimensions: アイコンやボタンの幅を素早く測定することができる機能。
  • Rulers: 画面上の様々な物を図ることができる定規。Controlキーでスナップすることもできる。
  • Overlay: ブラウザと協調して働き、Web開発を簡単にするためのツール。
  • Screens: 画面が他のプラットフォーム(例えばiPhone / IEなど)でどのように見えるか検証することができるツール。
  • Loupe: マウス周辺の画像を拡大表示することができる虫眼鏡機能。カラーピッカー機能も。
  • Guides: ディスプレイに水平、垂直のガイドを表示する機能。
  • Frames: 画面上に作成し他の要素の上に配置することができる四角形の領域。
  • Crosshair: マウスカーソルの位置を表示する機能。

ちょっと言葉にしただけでは分かりづらいところがありますが多機能っぽいことは納得していただけたかと思います。以下以前のバージョンに関してですが、xScopeに関する参考になりそうな情報です。

公式サイトから試用版をダウンロードできるので、興味のある方はお試しください。個人的にもちょっと気になるアプリです。

スポンサーリンク