【Tips】「OS X Yosemite」で一歩先ゆくダークモードを有効にする方法

Fullscreen

「OS X Yosemite」では「ダークモード」と呼ばれる新しい機能が追加されました。ダークモードを有効にすれば、上の画像のようにメニューバーやDockの色をデフォルトの白っぽい色から黒っぽい色へ変更することができます。

Darkmode

設定方法は簡単で、「システム環境設定 > 一般」で「メニューバーとDockを暗くする」にチェックを入れるだけ。チェックボックスを押したタイミングで反映されるのでメニューバーやDockを眺めつつ実行してみてください。

Yosemiteのダークモードに対応していないアプリの場合だ、メニューバーのアイコンが見づらくなってしまうかもしれませんが、試した感じだと大部分のアプリがいい感じに表示されました。デフォルトの色合いに飽きた頃に試してみると新鮮な気持ちになるかもしれません。

スポンサーリンク