Apple、開発者向けに「Yosemite Developer Preview 4」、「iTunes 12 Beta」、「iOS 8 Beta 4」をリリース

NewImage

Appleは本日、開発者向けに「Yosemite Developer Preview 4」、「iTunes 12 Beta」、「iOS 8 Beta 4」など各種ソフトウェアのベータ版をリリースしました(MacRumors9To5MacNeowin)。Mac Developer Programまたは、iOS Developer Programに加入している開発者は最新ベータ版をダウンロードすることが可能です。

Yosemite Developer Preview 4の主な新機能は、計算機アプリのアップデートとダークモードの更新。UIが刷新されたiTunes 12 Betaもリリースされています。iOS 8では新機能の使い方を消化しるためのTipsアプリが追加されました。

詳細は以下より。

Yosemite Developer Preview 4

NewImage

AppleInsiderによると、Yosemite Developer Preview 4で計算機アプリのUIが上の画像のように更新されています。ディスプレイ部分が暗く半透明になり、ボタンもフラット気味に変更されYosemiteのデザインにマッチするように修正されました。以前のバージョンではアイコンだけ変更されていたものの、アプリ内部は更新されていなかったそうなので着実に進化していることが分かります。

NewImage

またダークモードの設定も少しかわっていて、Appleのダークモード用のメニューバーアイコンが洗練されました。

iTunes 12 Beta

NewImage

iTunes 12 BetaはUIが新しくなり、リリースノートによると以下の新機能が追加されています。

  • ストリームラインデザイン: 美しく簡素化されたデザイン。ライブラリを簡単に楽しくブラウジングできる。
  • Family Sharing: iTunes, iBooks, Apps Storeで購入したものを最大6人までの家族間で管理できる。
  • プレイリストの改良: フルライブラリとプレイリストをサイド・バイ・サイドで並べてみることができる。プレイリストに曲を追加するのが簡単に。
  • 情報ウィンドウのリデザイン: 情報ウィンドウが完全にリデザインされた。メディアのより役に立つ情報を表示できるようになった。

WWDCで話題になったFamily Sharingがついに投入されました。家族で使っている人にとっては結構便利そうな機能です。個人的にはiTunes Matchで落ちまくる問題を解決してもらいたいところですがどうなることか…。9To5Macには画像がたくさん掲載されているのでそちらもどうぞ。

iOS 8 Beta 4

NewImage

iOS 8 Beta 4では新機能の使い方を教えてくれる「Tips」アプリが新規に追加されたほか、Control Centerのデザイン変更、ディスプレイ設定の変更、Messageアプリなどでの文字起こし機能が追加されているようです。

未来的でカッコイイ。

着々と開発進行中

9To5Macによると、Appleは今月末にもYosemiteパブリックベータ版の公開を計画しているようで、着々と完成に向けて進化していることが分かります。

スポンサーリンク