【Tips】「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

Yosemite

※2014/07/26追記: 以下、OS X Yosemite Developer PreviewからOS X Mavericksへダウングレードする場合の話です。開発が進んだOS X Yosemite Public Betaからならば直接TimeMachineで戻せるかもしれません。

※2014/10/27追記2: OS X Yosemite正式版では、Time Machineバックアップを使ってMavericksに直接復元することができました

Appleの新OS「OS X 10.10 Yosemite」はまだ初期のベータ段階にあります。

そのため、Yosemiteをインストールしたはいいものの、不安定すぎて元に戻したいという方も居るかもしれません。今回は「OS X 10.10 Yosemite」を「OS X 10.9 Mavericks」にダウングレードする方法を説明します。

なおYosemiteアップグレード前のMavericks環境に戻すためには、Mavericks時代のTime Machineバックアップが必要です。もし存在しない場合、地道にMavericksを再インストールしてから、必要なデータを戻す必要があります。

いきなりTime Machineから復元できない?

MacにTime MachineバックアップしたHDDを接続し「Command-R」を押しながら電源を入れると、復元メニューが表示されます(公式ドキュメント)。

この機能を使って、Time Machineから復元したのですが、うまくいきませんでした(復元できるものの、OSが起動できない)。

IMG 2018

↑復元メニュー

IMG 2020

↑バックアップHDDを選択。

IMG 2021

↑バックアップHDDを選択。

IMG 2022

↑復元したいバックアップを選択。

IMG 2023

↑復元中。しかしこの後起動できず。

ということで2段階に復元します。

Mavericksの再インストール→復元

まず、MavericksのUSBインストールメディア等を使って、Mavericksをクリーンインストールします。

次に、Mavericksがインストールできたら、先ほどと同様にTime Machineから復元の手順を実行します。

これでバッチリ復元できるはず。

まとめ

人柱とはいえクリーンインストールはめんどくさいので、ベータ版OSを試す場合は、必ずバックアップしてから臨むことをおすすめします。Time Machineバックアップは便利ですね。

スポンサーリンク