2048 - Apple純正フレームワークSpriteKitを使って作られたiOS用パズルゲーム

2048

一時期一斉を風靡した数合わせゲーム「2048」。同じ数のタイルを組み合わせていき最終的に2048のタイルを作ることを目指すシンプルながら奥深いゲームです。

本日紹介する「danqing/2048」はこの2048ゲームをiOS用に移植したもの。

Objective-Cを使い、Apple純正のフレームワークであるSpriteKitを使って作られているため、ゲームアプリ開発の参考になりそうです。

2048のコンパイル方法

Xcodeがあればビルドしてシミュレーター実行することができます。

git clone https://github.com/danqing/2048.git
cd 2048
open m2048.xcodeproj

Xcodeが立ち上がったらビルド「Product > Run」(Command+R)で実行できます。

S 20161018 230508

iPhoneやiPadを所有している場合はもちろん実機で動かすことも可能です。

ソースコードの説明

作者danqing氏の解説によると、ここで公開されている2048のソースコードは、AppleがiOS 7で導入したSpriteKitを使って作られていて、サードパーティライブラリには依存していないとのこと。また画像は含まれておらず、UIがUIKitによって描画されていることも特徴とされています。

内部のクラスに関する説明も掲載されていて、以下のクラスが使用されているようです。

  • M2GameManager: ゲームロジックのコントローラー
  • M2Grid: ボードのデータ構造
  • M2Cell: スロット
  • M2Tile: タイル
  • M2GlobalState: グローバルなデータ
  • M2Theme: テーマ

まとめ

2048は2014年ごろにブームになったゲームですが、今回紹介したソースコードは更新され続けていて、最新のXcode 8でも問題無くビルドすることができました。ゲーム作りの参考となるソースコードを探している方は参照してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク