Amphetamine - 非常に高機能なMac用スリープ防止ユーティリティ

Screen800x500

時間がかかる作業を行っている場合、Macが勝手にスリープするのを防ぎたいという方は本日紹介する「Amphetamine」を使用すると良いかもしれません。Mac用のスリープ防止ユーティリティで、非常に多機能なのが特徴です。

Amphetamine App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
非常に多機能なスリープ防止ユーティリティ。

初期状態ではメニューバーのアイコンを右クリックするだけで、無条件のスリープ防止機能が有効にできます(アイコンが横から縦に変化します)。また「Minutes」や「Hours」メニューを使用して、一定時間だけスリープ防止機能を有効化することも可能です。

S 20160909 193632

それだけでなくさまざまな「トリガー」を使って自動的にスリープ防止機能を有効にする機能も搭載されています。

トリガー機能を使用する場合、設定画面の「Triggers」タブを選択してください。

S 20160909 193715

スリープを無効化するトリガーとしてはWiFi接続や、起動中のアプリケーション、スケジュールが使用可能です。例えばAppにチェックを入れてiTunesを選択すると「iTunesが起動している際は、Macがスリープしない」といった設定が可能となります。

その他バッテリー搭載Macでは、バッテリーレベルによって機能を無効化する設定や、ドライブを常にアクティブする設定、通知やホットキーなど、さまざまな設定項目が準備されています。

Mac App Storeで配布するアプリの制限により、MacBookの蓋を閉じた際のスリープは防ぐことができませんが、お手軽に利用できる無料スリープ防止アプリを探している方にはおすすめです(名前もカッコイイですし)。

スポンサーリンク