人気ナンバーワンのモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」を購入

IMG 5639

Amazonの初売りで定番モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」を購入しました。

Anker PowerCore 10000は、10000mAh以上の容量を持つもののなかでは、世界最小&最軽量クラスのモバイルバッテリーで、大容量を生かし、iPhone 11 / 11 Proに約2回、iPhone XS / Xに約3回など、ほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能です。

また最近義務づけられたPSE認証にも対応していて、安心して使用することができます。

個人的には10000mAhまでの容量は必要なく、もう少し軽量コンパクトな製品の方がいいかもと思ったのですが、旅行のときの安心感を求めて購入してみました。

コンパクトで大容量のAnker PowerCore 10000

まずは外観から。

IMG 5630

▲お馴染みのAnkerの紙製パッケージです。

IMG 5632

▲中身はバッテリー本体、Micro USBケーブル、トラベルポーチとなっています。充電器は含まれていないので、別途容易する必要があります。製品ページを確認すると「バッテリー本体を正常に充電するために、5V = 2A以上出力できる充電器」が必要とのことですので、例えばiPad用の充電器で問題なく充電できそうです(自分はAnkerの充電器で充電する予定です)。

IMG 5636

▲充電中はLEDが光ります(サイドのボタンを押して確認することもできます)。光っているLEDの数で充電量が分かります。サイズは4.7インチiPhoneより小さめですが、厚みがありずっしり感があります。ただし180gなので最近の大きなiPhoneよりは軽いのですが。

IMG 5641

▲入出力端子です。Inputと書かれてある方が充電用のMicro USB端子です。出力はUSB Type Aで、裏側にPSEマークが刻印されていました。

実際にiPhoneを少し充電してみましたが問題無く充電できました。充電時は短めのLightningケーブルがあれば便利です。

まとめ

人気のモバイルバッテリーAnker PowerCore 10000を購入しました。このシリーズには無印版以外にもさまざまな付加機能が追加された「PowerCore 10000 Redux」、「PowerCore II 10000」などが存在します。値段は無印版が一番が安いのですが、機能を求める方は、自分のニーズに応じて上位版を検討することをおすすめします。

スポンサーリンク