ansible-interactive-tutorial - Docker環境で手軽に実行できるインタラクティブなAnsibleチュートリアル

S 20180206 105902

開発環境や本番環境の構築を効率化することができる構成管理ツール「Ansible」。

使用方法を学習しようと思っている方のなかには、Ansbile学習のための環境構築に手間がかかり、なかなか作業が進まないという方もいるかもしれません。

本日紹介する「ansible-interactive-tutorial」は、そのような方のためのインタラクティブなAnsbleチュートリアルソフトウェアです。

Docker環境を利用し、実際に自分の手を動かしながら、Ansbleの使用法を身につけることができるツールとなっています。

以下具体的な使用法をご紹介。

Play with Dockerで実行可能

ansible-interactive-tutorialはWebブラウザ内でDockerを実行できる「Play with Docker」に対応しています。そのため、このサイトを利用して実行するのが簡単です。

まずPlay with Dockerの公式サイトで「ADD NEW INSTANCE」ボタンをクリックし、新しいインスタンスを作成します。

次にコマンドプロンプトが起動したらリポジトリをcloneし、チュートリアルを実行します。

git clone https://github.com/turkenh/ansible-interactive-tutorial.git
cd ansible-interactive-tutorial
./tutorial.sh

すると以下のようなチュートリアルのメニュー画面が表示されます。

S 20180206 111055

▲「1」を入力するとAnsibleの基礎を学習できる「Getting Started」が始まります。

S 20180206 105733

▲Ansibleのバージョンを確認する「ansible --version」の使い方から学習が始まります。

この後指示に従い、チュートリアルを進めると、無理なくAnsbleの知識を習得できます。

まとめ

ansible-interactive-tutoriaを利用しすれば、Docker環境を利用した実践的な構成管理手法を学ぶことができます。Play with Dockerにも対応しているため、ローカルに環境構築する必要もなくお手軽です。

Ansibleに興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク