NECの無線ルーター「Aterm WG2200HP」レビュー

IMG 3150

NECの無線ルーター「Aterm WG2200HP」を購入しました。使用していた無線ルーター「WR8750N」の調子が悪く、ランダムなタイミングで接続が切れる事が多くなってきたので、経年劣化かもということで思い切って買い換えることにしました。

今回選んだWG2200HPは2016年4月に発売された、NECのフラッグシップクラスの無線ルーターです。5GHz帯は4ストリームに対応し、11ac通信は1733Mbpsの超高速通信が可能。ビームフォーミングと呼ばれる通信相手に的を絞る機能によって実行速度をアップさせることができるほか、Atermに接続している端末を一覧表示して、分かりやすく管理できる「見えて安心ネット」を搭載しています。

真のフラッグシップ機であるWG2600HPのほうが、CPUと2.4GHz帯のアンテナで優りますが、一般ユーザークラスではWG2200HPでも違いはないのかも。ということでこちらを購入しました。

以下ご紹介です。

外観など

IMG 2863

▲外箱です。

IMG 2864

▲本体、ACアダプタ、短いイーサネットケーブルが付属しています。手前側のスタンドは取り外し可能で、コンパクトに収納されていました。

IMG 2866

▲USB2.0ポート、WANポート、LANポートx4が存在します。モードはRT (ルーター)、BR (ブリッジ)、CNV (イーサーネットコンバーター)から選択可能。最近は専用のイーサネットコンバーターとして単体販売されているデバイスは少なく、ルーターを流用するスタイルが主流のようです。

IMG 2867

▲通常運用時はこのようなスタイルになります。外部アンテナはなくコンパクトです。

特に問題なし

無線ルーターを買い換えるにあたり、インターネット上で評判を調べてみたところ、最近のNECの無線ルーターは良くない、という意見が多く他のメーカーにするか迷っていました。

ところが実際にWG2200HPに買い換えてみたところ、特に問題無く使用できて拍子抜けしています。無線が届く範囲も問題なく、接続が途中で途切れる現象にも遭遇していません。

NECのルーターWR8750Nの管理画面とほとんど同じなので、設定をそのままコピペで移植できたのも嬉しいところです。NEC派の方で迷っている方にはお奨めのルーターです。

スポンサーリンク