Chromenu - ルーティーンをサクッとこなせるメニューバー常駐型のChromeブラウザー

S 20170111 114027

メニューバー常駐型のオープンソースのミニブラウザー「Chromenu」。あらかじめサイトを登録しておくとことで日々のタスクをサクッとこなすことができる小型のWebブラウザです。

基本操作はマウスで可能ですが、キーボードショートカットが充実しているため、パワーユーザー向けのブラウザとして活用することも可能です。

また、クロスプラットフォームのフレームワークであるElectronを使って作られており、macOS/Windows/Linux用の実行ファイルをダウンロードすることもできます。

以下基本的な使用法を説明します。

Chromenuの使用方法

GitHubから実行ファイルをダウンロードしてインストールするのが簡単です。Macの場合、例えばChromenu-darwin-x64-1.1.2.zipをダウンロードし、中に含まれるChromenu.appをアプリケーションフォルダにコピーします。

Chromenu.appを起動してアイコンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。

S 20170111 113407

▲「+」ボタンをクリックしてサイトを登録します。

S 20170111 113436

▲「Page URL」に閲覧したいWebサイトのURLを入力します。アイコン画像のURLやページタイトルを追加して分かりやすくすることも可能です。また表示している間、ページをリロードするように設定することもできます。

「OK」ボタンをクリックすると、サイト登録が完了します。

画面上部のアイコンをクリックすると登録したWebサイトが表示されます。

S 20170111 114027 S 20170111 113551

▲画面下部のフッター部に配置された矢印アイコンや、リロードアイコン、設定アイコンを利用して操作することができます。

戻るや進む、スクロール、ページの切替などの各種操作を、キーボードショートカットを利用して実行することもできます。また設定ファイルを利用して各種設定をカスタマイズすることも可能です。詳細は公式ページを参照してください。

まとめ

Chromenuを利用すれば、よく利用するサイトに素早くアクセスすることができます。Webサイトがモバイル版Chromeの見た目になるので、モバイルサイトのテストを実行したい場合にも便利かもしれません。

S icon タイトル Chromenu
公式サイト https://github.com/rhysd/Chromenu
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7551-chromenu
説明 メニューバー常駐型のモバイルブラウザ。

スポンサーリンク