Clippy - Microsoft Office用のアシスタントがmacOSで復活

S 20190919 84957

Microsoft Officeのデジタルアシスタントとして活躍した「Clippy(クリッピー)」。

現在は残念ながら現役を引退していますが、ユニークなキャラクターを懐かしく思っている方も多いかもしれません。

本日紹介する「Clippy」は、そのクリッピーをmacOSに移植したオープンソースソフトです。

Microsoft製ではなく、第三者が作成したサードパーティソフトですが、Swiftで作られていてSpriteKitを利用したアニメーションを楽しむことができます。

以下使用法を説明します。

Clippy for macOSの使用方法

まずClippy for macOSの実行ファイルをGitHubからダウンロードします。

Clippy.appを実行すると、メニューバーにクリップのアイコンが表示されます。

Usage1

▲アイコンをクリックして、メニューから「Show in Finder」を選択し、表示されたフォルダに含まれるzipファイルを全て展開します。zipファイルそれぞれが一つのエージェントに対応しており、解凍しないと何も表示されません。

その後「Agents > Reload」を実行し好みのエージェントを選びます。

S 20190919 85236

▲表示されたエージェントはドラッグ&ドロップで好きな位置に移動することができます。また右クリックメニューの「Animate!」でさまざまなアニメーションを表示することができます。

まとめ

Clippy for macOSを使用すればmacOS上で、懐かしのクリッピーを実行することができます。実用性はあまりありませんがキャラクターが好きだった方は試してみてはいかがでしょうか。

S icon タイトル Clippy
公式サイト https://github.com/Cosmo/Clippy
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7637-clippy
説明 Microsoft OfficeのアシスタントがmacOSで復活。

スポンサーリンク