Ding - Pythonで作られたシンプルなタイムマネジメントツール

S 20161014 200119

$ sleep 4231; beep」と毎回打ち込むのに疲れた人はいませんか?そのような方はPythonで作られたシンプルなタイムマネジメントツール「Ding」を試してみるとよいかもしれません。

時間を指定して起動するとカウントダウンが始まり、タイムアップをサウンドで通知してくれるシンプルなツールです。

Pythonで作られていて他に依存ファイルはなく、Python2またはPython3どちらでも動作します。100行ほどのコンパクトなプログラムなので、Linux/macOS/Windowsなどさまざま環境で動作します。

以下具体的な使用法をご説明。

インストール

インストールはpipを使用して行うのが簡単です。

$ pip install ding-ding

もしくはスクリプトそのものをダウンロードして以下のように実行することも可能です。

$ ./ding.py in 1s

実行方法

例えば15分後に通知してほしい場合以下のように実行します。

$ ding in 15m

時刻指定の通知も可能です。

$ ding at 16:45

ポモドーロテクニック用に25分後に通知するエイリアスを作成することもできます。

$ alias pomo="ding in 25m"
$ pomo

時刻の指定方法は以下の通り。

# Relative time
$ ding in 2m
$ ding in 2h 15m
$ ding in 2m 15s

# Absolute time
$ ding at 12
$ ding at 17:30
$ ding at 17:30:21

# Custom command for beeping
$ ding in 1s --command "paplay --volume 15000 beep.wav"

# Hide timer
$ ding in 1s --no-timer

まとめ

Dingはとてもシンプルなツールです。使い方が簡単なのでタイマー代わりに使うと便利そうです。なおターミナルの設定やその他環境設定の影響で、タイムアップ時にサウンドが再生されない場合もあります。その場合は適切に設定を変更しておいてください。

スポンサーリンク