Fermata - 蓋を閉じた際のスリープを防ぐことができるMojave対応のMacBook用ユーティリティ

S 20190517 112146

通常MacBookでは蓋を閉じた際に自動的にスリープモードに突入し、ユーザーの設定でこの動作を変更することはできません。

MacBookにキーボードやマウス、外付けディスプレイを接続した場合は「クラムシェルモード」が有効になりますが、単に蓋を閉じた場合は必ずスリープ状態になってしまうのです。

本日紹介する「Fermata」は、この挙動を変更し、蓋を閉じた際に自動的にスリープモードに入るのを防ぐためのMacBook用ユーティリティです。

Appleが公開していないプライベートなAPIを使用しているそうですが、独自のカーネルエクステンションをロードする必要があるInsomniaXNoSleepといった同種のユーティリティと異なり、最新のmacOS Mojaveにも対応しています。

以下使用方法を説明します。

Fermataの使用方法

GitHubのリリースページから最新のzipファイルをダウンロードし、中に含まれるFermate.appをアプリケーションフォルダにコピーします。

最初に実行すると、以下のような画面が表示されます。

S 20190517 112118

▲パスワードを入力し「ヘルパをインストール」ボタンをクリックします。インストールが完了するとメニューバーにアイコンが表示されます。

Postpone

▲手動で蓋を閉じた際のスリープを無効にしたい場合、アイコンをクリックして表示されるメニューから「Postpone Lid Close Sleep」を選択します。アイコンの色がグレーから黒に変われば、スリープが無効となり、蓋を閉じてもMacBookは起動したままとなります。

スリープ状態を確認できるLEDが存在しないMacBookの場合、音楽などを再生しつづけてスリープしたかどうかを確認することができます。

なお標準ではスリープが無効になる時間は10分に限定されています。

S 20190517 112323

▲変更したい場合「Preferences」で「Manual activation duration」を「10 minutes」から「Forever」に変更すると良いでしょう。

特定のアプリが起動している場合だけスリープを防ぎたい場合「Add Application」で任意のアプリを追加することができます。

まとめ

Fermataを利用すればMacBookの蓋を閉じた際のスリープを防ぐことができます。

作者のRicci Adams氏はDJプレイ中に、蓋のセンサーがヘッドフォンによってアクティブになり、MacBookがスリープしてしまうのを防ぐためにこのアプリを開発したとのこと。

このような意図せぬスリープを防ぎたい場合のほか、MacBookをサーバー的に運用したいといった用途でも便利かもしれません。

ただし間違ってFermataを実行したままにしておくと、いつまでもMacBookがスリープせず、バッテリーを使い果たしてしまうことになりますので注意は必要です。

S icon タイトル Fermata
公式サイト https://github.com/iccir/Fermata
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7627-fermata
説明 MacBookの蓋を閉じた際のスリープを防ぐことができるユーティリティ。

スポンサーリンク