鍵をなくしても安心な「Foxnovoキーファインダー」を購入してみた

IMG 6787

iPhoneやAndroidスマートフォンを落としたときは、スマートフォンに内蔵されている「探す」機能を利用すると便利です。また、携帯電話に電話かけて着信音で探すという昔からある方法を利用することもできます。

今回紹介する「Foxnovoキーファインダー」は、鍵やリモコン、財布など、位置情報を取得できないようなアイテムに特殊なキーホルダーを取り付け、無くなった場合に音と光を使って素早く探し出すことができるというアイテムです。

キーホルダーはA〜Hまで8個あり、リモコンのA〜Hのボタンを押すことでそれぞれの音を慣らすことができます。たまに使うものの、いざ使おうとするとなかなか見つからない鍵や鞄を探す時間の無駄をなくせればと思い購入してみました。

Foxnovoキーファインダーの外観など

まずはFoxnovoキーファインダーの外観からご紹介。

IMG 6781

▲ダンボールの箱に入って送られてきました。

IMG 6782

▲キーホルダー側の電池はCR2032で、8個付属しています。寿命は使用状況にもよりますが9ヶ月ぐらいは持つようです。リモコン側は単4電池x2ですが、付属していませんでした。

IMG 6783

▲リモコンとキーホルダーを並べてみました。用途をメモして貼り付けることができるシールや、キーホルダー用の2重リング、両面テープなども付属しています。動作確認して全て正常に動作することを確認しました。

IMG 6784

▲4.7インチiPhone(iPhone 6)とのサイズの比較です。キーホルダー(受信機)のサイズは5.18cm x 3.2cm x 0.69cmです。小さいといえば小さいのですが、用途によっては邪魔になる場合もあるかもしれません。

機能的には満足

ボタンを押した際の音は結構大きく、距離も家の中ぐらいならば問題なく反応するようですので、いざという時に頼りになりそうです。

ただしキーホルダーのサイズは微妙に大きいので、ポケットに鍵とこれを同時にとりつけて格納すると少し邪魔になるかもしれません。置きっぱなしの鍵や鞄に入れておく場合はそのような心配は不要ですが。

キーファインダーはいろいろな種類がありますが、Bluetooth対応のものは1個でも結構高価です。安価で実用的な製品を探している方、受信側がとにかくたくさん必要な方におすすめです。

スポンサーリンク