パソコン無しでゲームのプレイ動画を録画できる「GV-HDREC」を購入

Header

パソコンなしでゲームのプレイ動画を保存できるIODATAの「GV-HDREC」を購入してみました。

GV-HDRECはHDMIを利用してゲーム機とディスプレイに接続するタイプのキャプチャーツールで、PCやMacなど外部機器なしで、手軽に高画質動画を保存することができます。

例えばNintendo Switchのゲームプレイ動画を録画しておき、あとから見直すといった用途に便利です。また簡単や編集機能やマイクミキシング機能も利用可能で、ゲーム実況にも対応しています。

以下ご紹介。

GV-HDRECの外観など

まずは外箱から。

Image0

▲最高1080/60pの高画質録画に対応しています。

Image1

▲ゲーム機のHDM出力をうけとってディスプレにHDMIで出力します。通常直接接続しているゲーム機とディスプレイのあいだに「GV-HDREC」が割り込み、そこで録画を行うイメージです。HDMIパススルーという機能を利用すれば、動きの激しいゲームでも、遅延を気にせず楽しむことができます。またAV入力ケーブルが付属していて、アナログ接続にも対応しています。

Image3

▲本体です。ディスプレイに接続するとメニューが表示され、各種設定を変更することができます。録画の開始・停止は右下のボタンで行います。また録画したデータもGV-HDREC単体で再生することができます。

動画の保存先、SDカードやUSB接続のストレージが選べます。64GBのSDカードを使用した場合、録画時間の目安は「フルHD(高画質)」で、約4.5時間です。今回は手元にあった32GBのSDカードを流用したのでフルHD(高画質)の場合、2時間ちょい録画できることになります。

まとめ

GV-HDRECはボタン一つで利用できる手軽な動画キャプチャツールです。PCやMacに無関係に使用することができるので、OSのバージョンアップによってソフトが対応しなくなるといった心配をする必要もありません。

ゲーム実況でYouTuberデビューを狙いたいかたのほか、例えば、対戦ゲームのプレイ動画を録画して後から反省するのに使用したい場合などに便利だと思います。

スポンサーリンク