ImageOptim - EXIF情報を削除することもできるMac要画像最適化ツール

S 2016 08 16 22 40 02

画像をロスレスで最適化することができるMac用アプリ「ImageOptim」。

PNGOUT、AdvPNG、Pngcrush、OptiPNG、JpegOptim、MozJPEG、jpegtran、Gifsicleといった多くのグラフィックツールのGUIラッパーとして作られていて、画像ファイル中に含まれるさまざまなメタデータを削除することで、ファイルサイズを圧縮することができます。

なおWebサービスとしても公開されていますが、本日は単体アプリ版の機能を説明します。

使用方法

公式サイトよりImageOptim.tbz2をダウンロードして展開し「イメージオプティム.app」をアプリケーションフォルダに移動します。

S 2016 08 16 22 48 44

使用法はとても簡単で、画像ファイルをまとめてメインウィンドウにドロップするだけです。自動的に最適化処理が始まり、緑のチェックマークアイコンが表示されたら完了です。

S 2016 08 16 22 49 18

普通に使う分ならば環境設定で特に変更する点はありません。

「JPEGのメタデータを取り除く」にはデフォルトでチェックが入っており、処理を行うとEXIF情報が削除されることがわかります。

「Quality」タブでは非可逆圧縮を有効にするかどうかを選ぶことができます。

まとめ

EXIF情報を簡単に削除できるので、ブログなどにデジカメ写真をアップロードする前に、ImageOptimで処理を行っておくと個人情報保護の面でも安心かもしれません。

JPEG専用ならば「JPEGmini」が優秀なようですので、場合によって使い分けると便利です。

S icon タイトル ImageOptim
公式サイト https://imageoptim.com/mac
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7405-image-optim
説明 画像のメタデータを削除しファイルサイズを削減するユーティリティ。

スポンサーリンク