IMESwitcher - macOS Sierra対応のIMEオンオフユーティリティ

S 20170320 104854

Appleの最新Mac用OS「macOS Sierra」では、キーボードドライバ回りに変更があり、人気ユーティリティKarabinerが動作しなくなったため、緊急回避的に新しいツールがいくつかつくられました。

本日紹介する「IMESwitcher」もそのようなツールの一つ。macOS Sierraに対応したユーティリティで、IMEの動作切り替え(オン/オフ/トグル)を、修飾キー(左右のShift/Control/Option/Commandキー)に割り当てることが可能となっています。

英字配列キーボードユーザー向けに開発されたものとのことですが、JISキーボードなどそれ以外のキーボードでも使用することは可能です。

以下具体的な使用法をご紹介。

IMESwitcherの使用方法

GitHubのリリースページより最新版のdmgファイルをダウンロードし、IMESwitcher.appをアプリケーションフォルダにコピーします。

初回起動時はアクセシビリティで許可を与える必要があります。

S 20170320 104737

▲セキュリティとプライバシー > アクセシビリティでIMESwitcher.appにチェックします。

次にメニューバーのアイコンをクリックし設定を行います。

S 20170320 104854

▲左右のShift/Control/Option/Commandキーに、IMEをon/off/toggleを割り当てることができます。自分の好みに割り当てれば良いのですが、英字配列キーボードユーザーの場合、左CommandキーにIMEオフを、右CommandキーにIMEオンを割り当てる場合が多いようです。

なおそれぞれのキーは、単体で押した場合だけIMEの動作切り替え機能が発動します。ここで機能を割り当てても、修飾キーとしての機能は継続して使用できます。

まとめ

IMESwitcherを利用すれば、IMEオンオフを任意の修飾キーに割り当てることができます。複雑なキーの入れ替えを行う必要はなく、単にIME制御だけ好きなキーで行いたいという場合検討してみる価値があるソフトです。

S icon タイトル IMESwitcher
公式サイト https://github.com/kan/ime-switcher
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7572-imeswitcher
説明 IMEの動作切り替えを任意の修飾キー(左右のShift/Control/Option/Commandに対応)で行なえるようにするアプリ。

スポンサーリンク