James - Electronで作られたオープンソースのWebデバッギングプロキシ

S 2016 08 26 0 46 33

James」はブラウザのHTTPリクエストをインターセプトして確認することができる開発者向けのHTTPプロキシ&モニターツール。開発者向けのWebデバッグプロキシとして人気のCharlesのオープンソース版(のようなもの)として説明されています。

Electron、hoxy、reactといった最新流行のフレームワークを使って作られていて、Mac/Linux/Windows用の実行ファイルをダウンロードすることができます。

以下使用方法を説明します。

使用方法

James.appを実行すると以下のような画面が起動します。

S 2016 08 26 0 36 29

起動した段階でプロキシが自動的にローカルホストで動き始め、一覧からブラウザを選択するとJamesをプロキシとして設定した専用のブラウザが起動します。

S 2016 08 26 0 47 27

James.app側には専用ブラウザから送信されたHTTPリクエストが一覧表示されます。個々のリクエストを選択すると、リクエストヘッダーや、レスポンスヘッダーなどHTTP通信の詳細を確認することができます。

画面右上の「Developer」を選択すると開発者ツールが起動します。左上の「URL Mapping」を選ぶと、ワイルドカードをサポートしたURL変換機能を設定・使用することができます。

HTTPSは初期状態では対応していませんが、Wikiの手順に従って設定すれば使用することができるようです。

まとめ

さすがに現時点では定番ソフトのCharlesの方が機能的には優れていますが、洗練されたUIを持ち、マルチプラットフォームで将来的に期待できそうなソフトです。開発者向けのHTTPプロキシを探している人は一度試してみることをお勧めします。

S icon タイトル james
公式サイト https://github.com/james-proxy/james
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7459-james
説明 オープンソースのWebデバッグプロキシ。Electronで作られていてWindows/Linux/Mac版が存在。

スポンサーリンク