Jasonette - JSONを使ってカップヌードルを作るように簡単にiOSアプリを作成

S 20161114 93656

作成するのに高度なテクニックが必要に思われがちなiOSアプリ。しかし「Jasonette」を使用すればその状況も変化するかもしれません。

Jasonetteを使用すれば、JSONファイルを提供するだけでネイティブなiOSアプリを作成することができます。SafariやChromeといった通常のWebブラウザがHTMLファイルをサーバーから取得してWebページを表示するように、Jasonetteはサーバーから取得したJSONファイルをネイティブコンポーネントに変換することで画面を構成するのです。

S 20161114 94141

MITライセンスを採用し100%オープンソース。JSONファイルを提供するWebサーバーさえ準備できれば、バックエンドに特別なサーバーも必要ありません。

以下Jasonetteを実際に使用する方法を説明します。

Jasonetteの使用方法

Jasonetteの使用方法は公式ドキュメントで詳しく説明されています。

今回はQuick Startに従って作業してみます。まずJasonetteのzipファイルをダウンロードして展開し、中に含まれるSetupコマンドを実行しましょう。

S 20161114 92127

(1)を選択するとデモアプリの作成が始まります。

S 20161114 92248

しばらくするとXcodeでプロジェクトが開きます。

S 20161114 92417

ビルドするとJasonetteのデモアプリが起動しました。JasonetteのJSONファイルのURLはConfig内のsettings.plistのurlで指定されています。

S 20161114 95217

JSONファイルはレイアウト、アクション、スタイルから構成されます。それぞれの書式の詳細は公式ドキュメントに掲載されていますのでご確認ください。

導入方法を解説する公式動画も公開されています。

まとめ

iOSアプリの場合作成したアプリがAppleの審査を通過するかどうかが気になりますが、Jasonetteの場合、実際に審査を通過したアプリがいくつか存在するようです。

S 20161114 95702

複雑な挙動のアプリでなく、簡易的なアプリを素早く作成して、App Storeで公開したいといった用途では便利なツールかもしれません。

スポンサーリンク