Joplin - 多数のプラットフォームに対応したMarkdown対応ノートアプリ

S 20171219 105425

オープンソースの無料ノートアプリ「Joplin」。Markdown記法に対応し、TODOの管理機能も搭載。複数のノートをまとることができるノートブック機能や、タグを機能、検索機能を利用して、大量のノートを管理することもできます。

複数のプラットフォーム向けのアプリが存在することも特徴で、Windows、macOS、Linuxといった代表的なデスクトップOSのほか、AndroidやiOSといったモバイルデバイスでも動作します。OneDriveやその他方法によってデータを同期することも可能です。

特徴は以下の通りです。

  • デスクトップ、モバイル、ターミナルアプリケーションが存在
  • ノート、TODO、タグ、ノートブックサポート
  • オフラインファースト
  • プレインテキストフォーマットに同期可能
  • Markdown記法対応
  • タグサポート
  • ファイル添付のサポート
  • ジオロケーションのサポート
  • 複数言語のサポート

以下macOS版の使用法を説明します。

Joplinの使用方法

macOSのデスクトップ版を利用するには公式サイトのリンクからdmgファイルをダウンロードします。中に含まれるappファイルをApplicationフォルダにコピーしてから起動します。

メイン画面は以下の通りです。

Usage

最初に「New notebook」でノートブックを追加し、「New note」でノートを追加していきます。「New to-do」を選ぶとチェックボックス付きのノートが追加できます。

エディタ部はMarkdownに対応していて、シンタックスハイライトに対応しているほか、ライブプレビューを同時に表示することもできます。プレビューの表示は画面上部の「Layout」ボタンで切り替え可能です。

EvernoteやOneNoteといったノートアプリを使ったことがある方ならばすぐになじめると思います。

ノートの同期を行いたい場合、「Synchronize」ボタンをクリックします。MicrosoftアカウントでサインインしてJoplinに使用許可を与えると準備完了です。

S 20171219 111318

設定画面では言語(現在日本語は含まれていません)や、日付や時間の書式、同期間隔、同期方法などを変更できます。同期方法はOneDriveのほか、ファイルシステムが選べます。ファイルシステムはネットワークドライブなどを利用した同期を想定しているようです。

まとめ

Joplinはマルチプラットフォーム対応のオープンソースのノートアプリです。代表的なデスクトップ・モバイルOSをサポートしているため、あらゆる環境で同じノートを利用したいという方におすすめのアプリです。

スポンサーリンク