m-cli - Macをコマンドラインから操作するためのスイスアーミーツールの決定版がついに登場

M cli

UNIX互換環境を搭載しUNIX/Linuxで利用できる各種コマンドを同じ感覚で利用することができるmacOS。Windowsにはない大きな魅力となっていますが、Mac固有の機能を操作する統一的なコマンドは特に提供されていませんでした。

本日紹介する「m-cli」はこの不便さを解消するシェルスクリプト製のツールです。

Mac固有の機能を制御するための各種機能をラップして分かりやすい形式で提供するもので、これ一つインストールしておけば、Macの管理業務が大幅に効率化されることが期待できます。

以下詳細を説明します。

インストール

インストールは以下のコマンドで行います。

curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/rgcr/m-cli/master/install.sh | sh

mコマンドは/usr/local/m-cliにインストールされます。
.zshrcや.bashrcにパスを追加しておきましょう。

export PATH=$PATH:/usr/local/m-cli

実行例です。

Install

実行方法

大抵のコマンドは「m コマンド サブコマンド」の形式で実行します。

単に「m」と打ち込めばコマンドの一覧が表示されます。「m コマンド」と入力するとそのコマンドの使用方法が表示されます。

具体的なコマンド一覧は以下の通りです:

コマンド 説明
battery バッテリーの状態を表示
bluetooth Bluetoothの状態を表示や有効・無効の切り替え
disk ディスクに関する各種情報を表示。修復・フォーマット機能等も提供
dir ディレクトリのツリー表示や空フォルダの削除
finder 隠しファイルの表示・非表示の切り替え
firewall ファイアウォールの状態表示や有効・無効の切り替え
gatekeeper GateKeeper機能の状態表示や有効・無効の切り替え
hostname ホスト名の取得や設定
info Mac OS Xのバージョン情報を表示
lock スクリーンロックを発動
ntp ntpの状態表示や有効・無効の切り替え
network ネットワークインターフェイスの一覧表示や操作
nosleep スリープの抑制
restart 再起動を実行
saveboot セーフブートを実行
screensaver スクリーンセーバーの制御
service サービスの一覧や制御
shutdown シャットダウンを実行
sleep スリープを実行
timezone タイムゾーンの表示や変更
trash ゴミ箱情報の表示や空にする
user ユーザー一覧や作成
volume 音量設定
wallpaper 壁紙の設定
wifi WiFi情報の取得や制御

例えば「m gatekeeper」と入力するとヘルプが表示されますので、それぞれのコマンドを細部まで覚える必要はありません。

S 2016 07 15 19 53 26

まとめ

m-cliをインストールしておけばMacの管理をコマンドラインから簡単に実行することができます。ヘルプもきっちり作られているため、個々のコマンドの使い方を覚えておく必要もありません。

公式サイトによるとm-cliは以前紹介したMac CLIにインスパイアされて作成されたもののようです。Mac CLIはRuby gemsやHomebrew、npm系の操作まで取り込んでいましたが、そこまで必要ないという方はm-cliの方がおすすめです。

スポンサーリンク