NightOwl - 自動的にダークモードを有効にできるmacOS Mojave用ユーティリティ

S 20181022 213123

AppleはmacOS Mojaveでシステム全体で有効になる新しいダークモードを導入しました。

これまでのようにDockやメニューバーだけではなく、アプリのウィンドウ全体を暗いテーマで表示できる機能で、macOS Mojaveの主要な新機能の一つとしても取り上げられてもいます。

本日紹介する「NightOwl」は、このダークモードをさらに便利に利用することができるフリーソフトです。メニューバーから手動でライト・ダークモードを切り替えることができるほか、太陽の位置や、時刻を基準に自動的にダークモードとライトモードを切り替えことができます。

以下使用法を説明します。

NightOwlの使用方法

NightOwlの公式サイトからdmgファイルをダウンロードし、中に含まれるNightOwl.appをアプリケーションにコピーして実行します。

アプリを実行するとメニューバーにフクロウのアイコンが表示され、クリックすると以下のようなメニューが表示されます。

Usage

▲「Light」「Dark」ボタンをクリックすると手動で現在のモードを切り替えることができます。「Sunrise/Sunset」にチェックを入れると位置情報を利用した日の出日の入り時刻を元にライト・ダークモードが自動的に切り替わります。「Scheduled」にチェックを入れると、ライト・ダークモードを指定した時刻から有効にすることができます。

※注意)記事執筆時「Scheduled」は期待通りに動作しましたが、「Sunrise/Sunset」にチェックを入れてもうまくダークモードに切り替わらない現象が発生しました。ひょっとしたら位置情報がうまく取得できていないのかもしれません。

Usage2

▲なおこのアプリは診断データを収集するためにGoogle Analysticsを使用しているようです。歯車アイコンをクリックすると表示される設定メニューから無効にできますので、気になる方は確認しておくと良いかもしれません。

設定メニューではモード切替時のフクロウの鳴き声を無効にしたり、ホットキーを設定したりすることもできます。

まとめ

macOS Mojaveではダークモードの他に、時間とともに壁紙が切り替わるダイナミックデスクトップも導入されました。ダイナミックデスクトップのようにデスクトップのライト・ダークモードを切り替えたい場合、NightOwlを使用してみるのが良いかもしれません。

S icon タイトル NightOwl
公式サイト https://nightowl.kramser.xyz/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7612-night-owl
説明 macOS Mojaveのライト・ダークモードを自動で切り替えることができるユーティリティ。

スポンサーリンク